2009年05月21日

お酢ダイエットに成功するために

お酢ダイエットに取り組む際に重要なことは、どんなお酢を使うかです。

効率的なダイエットが期待できる成分が豊富なお酢はどれで、その効果はどのような使い方で効果が増すのかが重要な点です。

ダイエットに有効に作用する成分とは、お酢に含まれている酢酸やアミノ酸などの健康にいい成分でしょう。

体内の代謝を高めるクエン酸は、酢酸によって作られます。

これにより蓄積されている脂肪燃焼を促進することができます。

クエン酸が不足してしまうと、疲れやすくなったり、肩こりや腰痛が悪化、慢性化しやすくなったりします。

運動の疲れから素早く回復して、ストレス耐性をつけるためにも、お酢などでクエン酸を安定して取り入れるといいでしょう。

アミノ酸は、体内での脂肪の合成を抑制し、体脂肪を溜まりにくくする効果があります。

数あるお酢の中でも、香酢は比較的アミノ酸や酢酸が多く、お酢を用いたダイエットに適しているといわれています。

香酢はお酢の中でも穀物酢に分類され、玄米を原材料とする黒酢と近い成分を持ち、もち米や麦、雑穀、コーリャンなどより多くの原材料を用いる香酢の方がより酸度が高くダイエットに有効です。

ダイエットいいお酢としては、自然なクエン酸やアミノ酸がふんだんに含まれているもろみ酢が注目され、商品化も進んでいるようです。

ダイエット効果を考えた場合、お酢の酢酸を体内でクエン酸にするよりは、クエン酸をそのまま摂取できた方が効果が高いようです。

運動前と運動後にそれぞれお酢を摂取するとダイエット効果が高まります。
posted by osudeyase at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。